【プロバイダ・選び方】引っ越し時のWi-Fi・ネット契約のポイント!1人暮らし・家族も

疑問

  • 一人暮らしを始めたけどネットの契約がわからない
  • 光とか、NUROとかあるけど、何がいいのかわからない
  • なるべく安く快適に使いたい


一人暮らしや家族等、引っ越しの時に契約するインターネットですが
わからないよってことありませんか?
インターネットも奥深く、理解していくとなると頭が痛くなる人は多いと思います。

本記事を読むことで
・インターネットの契約の簡単なイメージ
・どんなことに注意して契約すればいいのか
がざっくりとわかるようになります。

管理人が「知っていれば苦労しなかったのに!!」・・・
と思うネット契約のポイントをまとめました。

1.ネット契約の概要(回線とプロバイダー)

インターネットの契約には、実は2つの契約が必要です。

①インターネット回線の契約です。
②インターネットプロバイダーの契約です。

①「回線」とは何でしょうか?
これは、「車」で例えると、「道路」になります。
道路=回線です。

*インターネットの世界では、回線(道路)を使うのに契約が入ります。

②「プロバイダー」とはなんでしょうか?
日本語に訳すと、「提供者」の意味になります。
これは、「車」で例えると、「カーナビ」になります。
プロバイダー=カーナビです。

プロバイダーの役割はシンプルで、
私達がアプリや、ブラウザでインターネット通信をしたときに
目的のページを表示できるように、インターネットの世界で道案内をしてくれます。

復習です。
・「回線」:インターネットの道路を使う契約
・「プロバイダー」:ネットのページの道案内をしてくれる契約

この「回線」と「プロバイダー」の契約が別々にも可能ですし
セットで契約することもできます。
基本的には、セットで契約がオススメです。

理由は、まとめてセットにすると数百円お得になったり
請求がまとめてできるので、楽だからです。

2.「回線の速度」選び

次にインターネットをする時の速度を検討しましょう。
ネットの速度は、「回線」になります。

回線には、以下3つをよく耳にするかと思います。

①ADSL
②光回線
③NURO光

①ADSLについて

ADSLは、昔からある古いインターネットの規格で、最近の高画質なyoutubeなどを快適に見るのは、少々難しくなります。
基本的には、メールや、インターネットで記事閲覧をメインにし、たまにyoutubeを少し見る程度の使い方がオススメです。
※youtubeは快適に見れるかはわかりませんが・・・ちょいちょい動画がカクカクしたり、一時停止する可能性があります。
※ADSLは、2020年3月〜徐々に各回線事業者で、終了しはじめます。
※2024年には、完全に終了してしまう古い(速度が遅い)ものになります。

②光回線について

光回線は、「フレッツ光」などで有名です。
家族でyoutubeなどを同時にみても快適に見れる速度になります。

youtubeなどを見る時は、動画をダウンロードする形になり
これを「下り」のスピードといいます。
光回線は、基本的に「100〜200Mbps」以上という速度が一般的で、
ほとんどの回線業者の「光回線」がこの基準を満たしているはずですので
光回線の「下り」スピードは、特に気にする必要はないでしょう。
au光で1000Mbps=1Gbps出るものもあります。

光回線の契約の「注意事項」としては
「上り」のスピードを気にするとよいでしょう!

「下り」:youtubeの動画を見る
「上り」:youtubeの動画を上げる(アップロードする)
*友人や、仕事で「ビデオ通話」をする時に
自分の映像を相手に届けるのも「上り」になります。

「上り」が「30」Mbps以上あれば、おそらくほとんどの場合で
快適に使えると思います。
ちなみに管理人の環境は、「上り」が「10Mbps」と
光回線にしては非常に遅いのですが
スカイプや、Googleハングアウト等の高画質の動画通話でも
特に問題なく使えています。(1〜2人くらいなら問題なし)
ただ、大家族でビデオ通話を頻繁に使う場合や
職場に使うネット回線の場合は、非常に貧弱ですので
なるべく「50」Mbps以上等の速度が出るもの回線を選ぶといいでしょう。
※ビデオ通話=Zoom、skype、GoogleHangout等
※Mbpsとは、Mega Byte Per Secondsの意味で
1秒間に何メガバイトのデータ通信ができるかの単位です。
※「下り」速度=200Mbpsと記載がある場合
これはベストエフォートと呼ばれる最大値になりますので
実際は、75%程度の速度になります。(この場合は、150Mbpsくらいでしょうか)

③NURO光について

NURO光は、新しい5Gという高速通信に対応した回線になります。

一般的な光回線のプランの速度の何倍も速度がでる恐ろしいスピードですね。
※NURO:「下り最大 2Gbps※ / 上り最大 1Gbps」
ただ、これはあくまでも通信速度の話であって
例えばyoutubeなどの配信サイトのサーバ事態が混み合っていれば
通常の光回線プランと体感ではあまりかわらないかもしれません。
基本的には、光プランでも不満はでないほど高速なのですが
より高速を求める場合には、検討してもいいかもしれません。
とはいえ、一人暮らしや数人で使う場合には、不要(?)かもしれませんね。
※サーバ=動画を送ってくれるコンピュータのこと

3.回線・プロバイダーは、地域で異なる

前項で基本的には、「光回線以上を選びましょう」とオススメしてきました。
基本的にどこの地域でも光回線は、契約できると思いますが
山奥や地域によっては、対応しない場合もあるかもしれません。

また、そこまで田舎ではないのに、地方であったりすると
必然的に1つしか選択肢がないこともありますので
まずは住んでいる地域に対応しているか確認したほうがいいです。

賃貸であれば、アパートやマンションがWifiを無料で共有している場合もあります。
物件によっては、指定された会社と契約すると、割引もある場合がありますので
引っ越しする人は、そのあたりもチェックしておくと良いでしょう。

どこと契約するか迷ったときは、一般的に有名な
「フレッツ光」・「AU光」あたりにしておくと無難かもしれません。

※NURO光は、2020年6月現在で日本の半分ほどしか対応してません。
検討中の方は、まずお住まいの地域が該当するか検索して確認しておきましょう。
NURO光は、一般的にな光回線を既に設置していても、別途工事が必要なそうなので
少々めんどくさいかもしれません。
(開通までに1,2ヶ月必要な場合もあるそうです)

4.契約の初期費用・解約費用

契約の際、以下2点は契約前に確認しておきましょう。

・初期費用
・解約費用

例えば、2年契約が前提に、毎月安いプランがあったとしても
2年後の契約した月しか解除料が無料ではない、なんてことはよくあります。
何らかの都合で引っ越してしまう場合は、その契約解除料金を支払うことになりますので
ここは十分注意しておきましょう。
大手の良心的な会社であれば、初期設置費用無料、解約料なしなどのプランもありますので
チェックしておくとよいでしょう。

5.電話とネット申し込み

電話で契約する場合と、ネットで契約を申し込む場合があると思いますが、どちらも同じではありません。
ネット申し込みだと、お得だったり、または電話のほうがお得な場合があるかもしれません。
面倒ですが、どちらでの申込みが良いかチェック・検討するとお得になるかも?しれません。

6.引っ越しのときは?

引越し時の流れは、以下の②パターンかと思います。

①今使っている会社を、次の引っ越し先でも使う場合

→電話して、引っ越すこと、引越し先が対応しているか聞きましょう。
※優良な企業なら、無料で取り外しから
引越し先の取り付けまでやってくれると思います。
※申込みは「1ヶ月前」以上からやっておきましょう。

②今使っている会社を解約して、別の会社に申し込む

→この場合は、それぞれの会社に電話またはネットから申し込む形になります。
※パターン1のほうが正直楽ですが、キャンペーン等あるとお得な場合もあります。
※手間を惜しまない人はこのパターン2もありかもしれません。

7.ポケットWi-Fiという手も

仕事の都合で引っ越しが多い方や一人暮らしの人は
「ポケットWi-Fi」、または
スマホの通信を「何ギガでも使い放題」系のプランがあれば
わざわざ自宅にネットを引く必要はないかもしれません。

この場合の注意点としては、使い放題や、ギガ数は多いけれど、とある3日間の間に
数ギガを使用すると旧に速度が遅くなる通信速度制限がかかる場合もありますので
契約の際は、「通信制限がないか?」などは十分に注意しておきましょう!

8.おまけ: 回線速度を計測してみよう

「上り」「下り」の実際のスピードテストをしてみましょう。
やり方は、簡単でスピードテストのリンク(fast.com)にアクセスします。

すると画像のように「下り」の速度の計測が自動で始まります。
(下り=ダウンロード)
スピードテストの下り速度

↑の画像の赤枠「詳細を表示」をクリックすると
上り(アップロード)の計測も↓画像のように表示されます。
スピードテストの上り速度

さいごに

本記事では、1人〜家族まで
「インターネットの契約の簡単なイメージと、どんなことに注意して契約すればいいのか?」を最小限ですがまとめました。
ポイントとしては、お住いの地域に対応・対応していない会社があったり
物件によってはお得なプランがすでに用意されている場合があること
契約には、初期費用や解除料金なども注意すること、が重要かと思います。
また、大家族で、ビデオ通話を家族みんなが同時にやるような(ちょっと特殊?)な場合は、「上り」の速度も重要ですので、注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 結束バンドで、まとめたAfterのデスク下

スポンサーリンク

ユースフルビーとは


「わからないを30秒で解決したい!」をモットーに、ガジェット好きのWEBエンジニア、便利グッズ好きのSEの2人で運営しています。

「ネットには情報が多すぎて、何を信じていいの?」
「商品が多すぎて、どれがベストかわからない!」

そう感じることってありますよね?

情報社会の日本、情報が多すぎることが、便利であり、逆に困りごとだったりします。

当サイトは「わからないを30秒で解決」できるよう日々運営しています。

詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク