【ダニ・湿気・カビ防止】布団・衣類圧縮袋(vacplus)【収納スペース増】

疑問

  • どのくらい圧縮できるの?
  • 湿気・ダニ・カビ・埃を防止したい
  • 収納スペースは広くなる?

収納が狭いと布団を入れただけでスペースがとられてしまいますよね。
スペースに余裕が出来たらいいなぁ・衣替えで布団をしまう際、ダニやカビが気になるーって方、必見です!

vacplus圧縮袋とは?

布団・衣類等を圧縮できる袋です。
収納スペースの有効活用・ダニ防止にもなります。
今回は、布団を圧縮したかったので大き目のXLサイズを購入しました。
サイズ展開は、以下の様になっています。
Sサイズ・Mサイズ・Lサイズ・XLサイズ

表面は、柄あり・裏面は、柄なしの透明です。
見せる見せないを使い分け出来て便利だと思います。
掃除機がなくて付属ポンプでも圧縮できます。

事前準備

圧縮袋に入れる前に洗濯して天日干しをします。

圧縮方法

1..清潔にした毛布を袋に詰めていきます。

2..このまま圧縮しても問題ないですが
管理人は、圧縮する前に
「ムシューダ圧縮パック 衣類用(つめかえ)」を入れています。

3..空気を抜きながら手動でチャックを閉めます。

*空気漏れを防ぐため、ダブルチャックになっています!

4..フタがあるのでフタを開けます。

5..開けると密封性に優れるピンクのシリコンが出てきます。

6..掃除機をセットします。
付属のポンプでも圧縮できます。

圧縮の様子はこちら↓

7..素早く圧縮されていくので圧縮されたら先ほど外したフタを閉めます。

Before・After

圧縮前の写真が綺麗に取れておらずすみません。
写真の様に積み重なっております。

【Before】

以下の様にぺったんこになります。
かさばっていた毛布の山がスッキリです。

【After】

収納するとこんな感じです。
圧縮したことにより左側にスペースを作ることが出来ました。

おすすめポイント

・圧縮作業が簡単
・柄が可愛い
・中身が見えにくい
・掃除機で圧縮可能
・掃除機がなくても付属のポンプで圧縮可能
・繰り返し使用できる

まとめ

空気が抜けて元に戻ってしまった方もいるようですが管理人は大丈夫でした。
ポンプもあるので掃除をかけられない夜など使い分け出来て便利ですよ。
圧縮することで湿気によるダニ・カビも防止出来てスペースに余裕が出来るので
大満足です。ぜひお試しください!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 結束バンドで、まとめたAfterのデスク下

スポンサーリンク

ユースフルビーとは


「わからないを30秒で解決したい!」をモットーに、ガジェット好きのWEBエンジニア、便利グッズ好きのSEの2人で運営しています。

「ネットには情報が多すぎて、何を信じていいの?」
「商品が多すぎて、どれがベストかわからない!」

そう感じることってありますよね?

情報社会の日本、情報が多すぎることが、便利であり、逆に困りごとだったりします。

当サイトは「わからないを30秒で解決」できるよう日々運営しています。

詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク