【WH-1000XM2】有線接続もスゴイ!SONYのヘッドホンを選ぶべき理由は?後継機WH-1000XM3も最後に紹介

疑問

  • 「仕事・勉強を頑張る自分に、ちょっと贅沢なヘッドホンが欲しいなぁ」
  • 「音質最高!で、ノイズキャンセリングでBluetoothで、ワイヤレスで、最強のヘッドホンが欲しい」
  • 「有線も、無線もできて、どんなジャンルも聞けるヘッドホンないかなー?」

と思ったことはないですか?

というか管理人のことなんですが・・・

そこで今日は、管理人が家電屋に10回以上も巡りw
選び抜いた一台をご紹介したいと思います。(2018年夏に購入)

ズバリ!!「SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM2」です!
※後継機のWH-1000XM3も発売されています。WH-1000XM2との違いを最後「まとめ」の後に記載したので、ご覧ください。



購入に至った経緯

さて、ソニーWH-1000XM2の購入に至った経緯と理由をお話したいと思います。

まず、管理人は音にはうるさいほう?(笑)で、高性能なスピーカーから、10万円を超えるイヤホン、30万円のホームシアターも所持しています。
ホームシアターや、スピーカーはポジショニングがものすごい大事だったり!・・・するのですが、長くなりそうなので割愛しますね。

さて、そんな管理人ですが、「外の音」「隣人の音」「テレビの音」が聞こえてくると作業に集中できないなーって思っていました。

そんな時に、周りの音を遮断できるノイズキャンセリングヘッドホンがあれば集中できるぞ!

そして、音もよくて装着感もいいものを選ぼう!と思い立ちました。

それから・・・それから!と欲しい条件をまとめて、以下の条件で探しました。(右が感想です)

購入前の条件と購入後の感想

1 音質が最高(原音を大切にした加工していないキレイな音)=>キレイです
2 Bluetooth (無線だから、家中を歩いても大丈夫)=>歩き回れますw
3 有線接続もできる(高額なアンプを通したい場合のために)=>2〜3万円のヘッドホンアンプも使ったけど、ヘッドホン内臓アンプが優秀すぎて不要?レベルです(ただし高額なパワーのあるアンプでは試していないです。・・・ゴメンナサイ)
4 バッテリがー長持ち(30時間)=>すごく充電持ちます。なくなっても10分充電すれば70分使えるので文句なしです




5 ノイズキャンセリング(周りの音を遮音)が最高レベルのもの =>テレビの音が、80%位カットできる、音楽を流せばまったく聞こえません。(普通のヘッドホンだと聞こえる)
6 髪型のテッペンがつぶれにくい=>競合品の中で一番つぶれなかったです。手直しすれば凹みはほぼ治ります
↓幅も太くて、素地もフカフカのソファって感じで髪の毛をそんなに心配しなくてOKです

7 つけ心地が快適・重さを感じないこと => 最軽量ではないですが、フィット感がいいので、つけた感じは最軽量に近い感覚です

どうでしょう・・・最高!の条件じゃないですか?

スポンサードサーチ


他に迷ったヘッドホンはあったの?(BoseのQuietComfort35)

さてさて、迷いに迷った競合商品「Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン」があったのですが・・・
BOSEで感じたデメリット
1 音質が、ボーカルと低音は聴きやすいが、全体の楽器が聞こえにくくなる(ギターが後ろに引っ込んで聞こえるなど)
2 オーケストラなどの楽器が多い時は、どこで何の音が鳴っているかちょっとわかりにくい(音場と言います)
3 電池が20時間とソニーより10時間短い
4 ノイズキャンセリングがソニーに負けている(パッと試した感じですぐわかります)
5 髪の毛のテッペンがものすごい潰れる!(ソニーより軽いのですが、明らかに凹みます)

以上の理由から、管理人の場合はソニーを選択することになりました。
(ちなみに管理人はBOSE好きですよ。ヘッドホンは、ソニー・BOSE・オーディオテクニカ・SHURE他多数所有していました。)

もしBOSEを選択するとしたら軽量な部分がキーポイントになるのですが、外につけていくのに、頭のテッペンが凹むのは嫌だなー。
というのがやはり購入しなかった原因にもなるのかな・・・

スポンサードサーチ


まとめ

ホントに買ってよかったです。さすがのSONYクオリティで、音と本体重量のバランスもよく取れています。
(ちなみに話が脱線しますが、ソニーといえばCD900STというヘッドホンがプロのレコーディングで使われることで有名です。こちらはレコーディング用途なので、リスニングには適しませんが・・・。)

WH-1000XM2を皆さんにもぜひ店頭で試してもらいたいです。(静かなお店だとスゴサがよくわかると思います)

※ちなみに、ネットでは、「ひび割れた・亀裂が入った」などのレビューがみられますが、管理人はまったく問題ないですよ。(2018夏時点)
不具合が出ているのは、おそらく発売当初のロット(製造)だと思いますので、現在は気にしなくていいんじゃないでしょうか。
管理人はヘッドホンの扱いはかなり雑ですが、全然問題なく使えています。

一言・・・ノイズキャンセリング最高です。

女性はシャンパンゴールドも華があって素敵です。

新着:こちらの新モデル(後継機)が発売されています。
ポイントとしては、以下です。
・ノイズキャンセリングがさらに強化
・装着感が向上
・充電ケーブルがUSBタイプC
新型を使ってみた感想としては、そこまで大きな違いは感じませんでした。
でも、金額の余裕があるなら新型がオススメです。
新型↓

おまけ
記事の最後に紹介したプロミュージシャンのレコーディングのレコーディングに使われているヘッドホンCD900ST(有線ケーブルのみ)
※音が本当にはっきり聞こえますが長時間のリスニング用途ではないですが音楽に関わる人は持っておいてもグッドです。

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST
ソニー(SONY)
売り上げランキング: 56

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサーリンク

ユースフルビーとは


「わからないを30秒で解決したい!」をモットーに、ガジェット好きのWEBエンジニア、便利グッズ好きのSEの2人で運営しています。

「ネットには情報が多すぎて、何を信じていいの?」
「商品が多すぎて、どれがベストかわからない!」

そう感じることってありますよね?

情報社会の日本、情報が多すぎることが、便利であり、逆に困りごとだったりします。

当サイトは「わからないを30秒で解決」できるよう日々運営しています。

詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク